株式会社JALナビア

会社概要 COMPANY

企業理念COMPANY

JALナビアの未来を語る

JALフィロソフィに導かれ、
「世界最高のコンタクトセンター」の実現へ

株式会社JALナビア
取締役

弥勒 学

はじめに企業理念とJALフィロソフィについて教えていただけますか?

私たちJALグループでは、全社員が共有し一致団結して高い目標に向かっていくために、公明正大で大義名分のある企業理念を掲げています。

JALグループ 企業理念
JALグループは、全社員の物心両面の幸福を追求し、
一、お客さまに最高のサービスを提供します。
一、企業価値を高め、社会の進歩発展に貢献します。

私たちJALナビアは、JALグループの国内線・国際線航空券の予約・発券、ツアー予約というコア業務を担うプロフェッショナル集団であり、JALそのものです。コア業務を担うグループの一員として、JALグループ企業理念の実現に貢献していかなければなりません。

そして、この企業理念を実現するために、すべての社員が日々の業務において常に意識し、考え方や判断基準を揃え、実践に努めている大切な考え方が「JALフィロソフィ」なのです。

JALナビアの社員は、JALフィロソフィをどのように実践しているのですか?

JALフィロソフィに書かれている内容は、とても易しい言葉使いなので、誰でも理解できそうなのですが、実践することは大変難しいと思います。
そこでJALナビアの社員は、日常的に「JALフィロソフィ手帳」を読み込み、ある時は始業時に皆で声を出して読み、またある時は実践した事例を発表するなど、JALフィロソフィを身近に感じ、自ら行動する機会を持つようにしています。やはり、毎日学び続けることが何より大切ですからね。

さらに年4回の「JALフィロソフィ教育」という特別研修を全社員が受けており、理解と行動を繰り返し、何度も続けることで、体の中に染み込ませ、潜在意識の中にJALフィロソフィが宿ることを目指しているのです。
また、このJALフィロソフィは企業としてのJALグループの規範ですが、同時に「人としての規範」と考えてもすばらしいと思います。ひとりの人間として常に学び続ける姿勢は大切ですし、人生や仕事で壁にぶつかった時も、JALフィロソフィの中に解決のヒントが必ずあると思うのです。すばらしい人生や仕事を実現するためにも、JALフィロソフィは私たちの大きな力になってくれるはずです。

JALナビアが目指す「世界最高のコンタクトセンター」について教えていただけますか?

世界最高とは、やや抽象的な目標と思われるかも知れませんね。でも、これは私たちJALナビアの強い決意、高い目標を表したものです。

JALグループのコア業務である航空券の予約・発券、ツアー予約などを通じて、お客さまの心に寄り添う高品質なサービスを提供するだけではなく、企業としての採算性も追求し、高品質と採算性を両立した世界最高のコンタクトセンターを目指そう、という考え方なのです。

それは同時に、企業理念にもあるように「最高のサービス」は、社員が自分の仕事に誇りを持ち、豊かな気持ちでなければ提供できないという考え方から、顧客満足向上と社員満足向上を両立するコンタクトセンターを目指すことでもあるのです。

JALフィロソフィを出発点として、JALナビアの社員が誇りと希望を持ち、お客さまに最高のサービスを提供すること、すなわち世界最高のコンタクトセンターを実現することが、JALナビアが進むべき未来です。